[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
マダガスカル共和国の子どもへの支援~手術の決定

患者さんの診察は陽が暮れるころまでかかりました。診察した患者さんはとても多いのですが、さまざまな理由により全員の手術はかないません。貧困により1日1食という家庭も多く、タンパク質など栄養のある食事がとれないため出産した母親の母乳が出なかったり、子どもに十分な食事を食べさせられないなどにより、発育が十分でない子どもとても多い状況です。また、一定の身長や体重があっても、患者さんの顔つきや態度などを医師が確認し、総合的に判断をします。

子どもの口唇口蓋裂の手術は、全身麻酔により行われます。日本で手術を行う場合、術前に患者さんの全身状態の検査が行われていますが、現地で検査は出来ないため患者さんが麻酔や手術に対応できるか、慎重に確認しています。先生が患者さんの両親に、「お子さんが小さいので来年にしましょう」と告げると家族はとても悲しそうに帰っていきます。患者さんが多く、滞在中手術が予定できない患者さんの母親に「今年は手術予定が一杯になってしまったので来年に」と断ると、泣き出しそうになる母親も多くいます。数日前からクリニックアベマリア病院まで片道何時間も歩いたり、バスを乗り継いで来て、何日もじっと子どもを抱き医師の診察を待っていたのですから当然ですね。

しかし断ることもこのような医療支援活動にはとても重要です。その理由の1つは、なるべく夜間連続して手術を行わないためです。日本の医療機関の手術室は、24時間一定の明るさや室温が保たれている所が多いですが、現地の手術室に電灯はありますが、夕方になると室内がとても暗くなります。小さい患者さんの大半は、初めて麻酔をし手術を受けているため、手術中に状態の変化が起こることも考えられます。

一人でも多くの患者さんの治療を望むと同時に、より安全な環境下で患者さんの治療が実施できるようチーム全体で努力しています。
DSC02920 (640x480).jpg
西陽が当たる時間は術者の背中が暑くなり、陽が暮れると
すーっと涼しくなります。
室温も自然のままの状態です。

[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
マダガスカル共和国の子どもへの支援~診察開始!

6月19日、車で3時間かけてアンチラベ市のクリニックアベマリア病院に到着しました。
修道院の関係者への挨拶の後、昼食を済ませ早速患者さんの診察がはじまります。
これまではミッション系のラジオ放送で日本の医療チームが口唇口蓋裂の治療のためクリニックアベマリア病院に来ることを放送していました。昨年は、到着した日の午後では診察が終わらないほど沢山の患者さんが順番を待たれていました。
今回は、ラジオでの放送はしなかったそうですが、数日前から患者さんが徐々に増え診察を待たれていました。
DSC02854 (640x480).jpg
DSC02852 (640x480).jpg
         診察を待つ患者さんたち
名前を呼び、まず身長と体重を測定し、その後、医師による診察がはじまります。
年齢、性別、生年月日、症状を確認し、家族構成、両親の職業などカルテに記載します。多くの子どもは栄養状態が悪いため、年齢による平均体重を満たしていません。また体重が十分あっても全身麻酔による手術に適応できるかどうか、子どもの表情、体格、全身の様子など総合的に医師の診断を仰ぎます。
DSC02858 (640x480).jpg
          専門家による診察の様子
マダガスカルではフランス語とマダガスカル語が公用語となっています。診察には通訳を介していますが、びっくりすることが沢山ありました。
母親に
「お子さんは何歳?いつ生まれましたか?」
と尋ねると、真剣な表情で
「たぶん3歳、、ぐらい。誕生日は、、、いつだったかしら?秋に生まれたのですが、、」と。
双子の男児を連れた若い両親もいました。
母親に「どちらがお兄さんですか? 名前は?」
と尋ねると、母親は旦那さんの顔を見ながら
「え~っと、ロビンが兄だったかしら?」と自分が抱っこしている子どもを見ています。
日本では、母親が自分の子どもの生年月日や年齢、名前を答えられないことは稀ですが、マダガスカルの農村では、小さい頃から学校に行かず家族の労働力として田畑で働いたり、小さい兄弟の面倒をみたり、十分な教育を受けていない人が多いそうです。
また、今でも自宅で出産する人も多く、家に時計やレンダーがない家庭も多いそうです。

[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
マダガスカル共和国の子どもへの支援~アンチラベへ移動

6月19日、ホテルで朝食を済ませ、借り上げた車両で170km南下、クリニックアベマリア病院のあるアンチラベ市へ移動します。
昨晩、アンタナナリボの空港に定刻の到着でしたが、荷物が出てくるのに時間がかかり一行がホテルに到着したのは日付がかわっていました。
50箱の段ボールは、別に借り上げた車両でアンチラベへ運びます。
DSC03587 (640x480).jpg
にぎやかな街の中心を過ぎると、のどかな田園地帯が一面に広がります。一行を乗せた車両の屋根にスースケースを積んでいるためスピードは出せません。アンチラベまでは約3時間の道のりです。
DSC02840 (640x480).jpg
DSC02845 (640x480).jpg
途中の町の役場でトイレ休憩を済ませ、少し走ると道端で野菜を売っています。マダガスカルにもともと大根はなかったそうですが、日本の青年海外協力隊の農業指導で現地に定着したそうです。人参もとれたてで葉が青々しています。味も甘く、とても食べやすいです。
DSC02848 (640x480).jpg
DSC02849 (640x480).jpg
滞在中、ここで買った人参をたっぷり入れてカレーを作りました。普段日本で人参は苦手という人も美味しいと食べていました。標高が1500m近くあり、畑の畦道にはきれいな水が流れています。日本でいう高原野菜の産地、というところでしょうか。
DSC03508 (640x480).jpg
そうこうしているうちに、クリニックアベマリア病院に到着しました。

[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
マダガスカル共和国の子どもへの支援~成田空港で

6月18日から7月2日の15日間、マダガスカル共和国、アンチラベ市のクリニックアベマリア病院に日本から医療チームを派遣しました。
滞在中、21名の手術が行われ、術後の経過は良好という報告を受けています。
今日は成田空港での様子と持参荷物について紹介させていただきます。
成田空港から12名が出発しました。手術に必要な薬品器材の大半は、現地で入手が難しいため、下の写真にあるように日本からすべて手持ちをしています。
DSC02835.JPG
DSC02834.JPG
現地で特に入手が難しいのは、「滅菌済み」の器材や消耗品です。皆さんに一番わかりやすいものでは、手術に使用する手袋、手術室の中にいる人が着用している手術着や帽子、縫合糸や針などがあります。
手術用の手袋100枚入りを3箱、というような単純な準備ではありません。現場で使用する医療従事者の手の大きさ(サイズ)を事前に確認し、予定手術数に予備を加えて注文いただいています。また、必要な器材をすべて揃えるのではなく、あるもので代用していただくなど、常に柔軟な対応をいただいています。
今年は、事務局の荷物とあわせ50箱となりました。
1つでも荷物がなくなったら、現地の活動に支障をきたしてしまいます。段ボールには通し番号をふり、現地のアンタナナリボの空港でも、荷物の個数確認が一番重要でした。今回も日本からバンコクまで利用の日系航空会社の特別なご配慮により、タイのバンコク空港で飛行機を乗り換える際、預けた荷物はコンテナごと次の便(マダガスカル航空)に搭載していただきました。
皆さまのご支援、ご協力に感謝申し上げます。

[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
マダガスカル医療チームへの贈り物

来月18日より15日間、マダガスカル共和国アンチラベ市のクリニックアベマリア病院において子どもを中心とした口唇口蓋裂の外科治療がスタートします。
現地で使用する医薬品、消耗品は現地で入手が困難なため日本から医療チームが現地へ持参しています。
準備に追われる中、大変嬉しい贈り物が届きました!
昨年まで本プロジェクトに同行いただい方、ボランティアの方よりチームの皆さんと現地におられる日本人シスターの方々にと日本食の差し入れが届いています。
たくさんの方に温かく見守っていただいていることに、大きな力をいただいています。
心より感謝申し上げます。
嬉しい贈り物の一部、写真でご紹介させていただきます。
NEC_0128.JPG

[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
マダガスカルへの医療チーム派遣

昨年6月、公衆衛生向上のための活動の一環として、マダガスカル共和国の子どもを
対象とした口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)手術のため、日本から専門家を現地
に派遣しました。
今年も引き続き、下記日程で派遣を実施することとなりました。
<派遣日程>
2013年6月18日(火)~7月2日(火)15日間
<メンバー>
形成外科医 2名、麻酔科医 2名、看護師 3名、学生 4名
上記専門家7名は、学校法人 昭和大学様より派遣にご協力いただいており、学生4名は専門家に同行し、現地での保健衛生や医療の現場を学んでいただきます。
詳細はまた追ってご報告させていただきます。
昨年の手術の様子
DSC00685.JPG

[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
第25回日中箱根セミナー

先月3月1日から第25回日中箱根セミナーが開催された。
昨年9月に来日した研修生が一堂に集まり、研究や日本での生活の問題など話し合った。
今年は、研修を行う箱根に向かう途中、静岡県立静岡がんセンター(http://www.scchr.jp/)
を訪問、日本の医療機関、制度やシステムについて学ぶ機会を得た。
静岡県立静岡がんセンターでの見学の様子.JPG
紀伊國理事長 挨拶の様子.JPG

[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
NTD会議に専門家を派遣

WHOアフリカ地域事務局(AFRO)主催の「NTD Consultative Meeting」が、3月19日からコンゴ共和国ブラザビル市で開催されます。
当財団から、日本人の専門家(皮膚科医)に会議に出席いただくこととなりました。
追って簡単な報告をアップしたいと思います。
(詳細は別添PDFをご参照下さい。)

[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
はじめて

ブログの新規登録に昨日から苦戦。。。
職場のSさんに
「ログインができない!」
「これなに?」
大騒ぎしながら助けてもらい、なんとか形になってきました。
これから少しずつバージョンアップを目標に、書いていきたい
と思っています。
(O)

[財団ブログ ― 公衆衛生の向上]
マダガスカル共和国の子どもへの支援 - 手の手術を受けたミシェル12歳~

6月にマダガスカル共和国、アンチラベ市のクリニックアベマリア病院では23名の手術を行った。口唇口蓋裂の手術が21名、顔の母斑切除の手術1名とやけどによる手指屈曲拘縮の手術1名。
今回は手の手術を受けた12歳の男児ミシェルを紹介させていただきます。

名前はミシェル、12歳でクリニックアベマリア病院の近くに家族5人暮らし。
父親はリキシャの運転手、母親は道ばたでピーナッツ売りをしながら家計のたしにしている。
ミシェルは1歳半にやけどで左手の指が丸まってしまった。医療へのアクセスがほとんどないため、すでに10年が経過している。
手の手術に必要な器材が十分ない中、4時間半の手術は無事終了した。その後、クリニックアベマリア病院に入院していたが、母親が喘息の発作が悪化し見舞いに来れないため、寂しそうに過ごしていた。
手術から5日後、ミシェルの体調も良いのでシスター方とミシェルの家庭訪問をさせてもらった。

病院から歩いて20分、小さい敷地に6世帯あり、ミシェルの家は2間。敷地に共同トイレ、シャワー、井戸がある。
ミシェルがみんなを家に案内してくれ、病院とは違うとても明るい笑顔を見せてくれた。

ミシェルの妹は8歳、この日は学校がお休みのため体調の悪い母親に代わり道ばたでピーナッツ売りを手伝っていました。弟は1歳半ぐらい、リキシャの運転手をしているいるミシェルの現在の父親と母親との間の男の子です。
術後の経過は順調、というシスターからの報告を受けていますが、ミシェルのその後についてはまたご紹介させていただきたいと思います。


1 / 212