ホスピス緩和ケアとは

はじめに

ph_hospice01ホスピス緩和ケアは、時代の推移とともに内容が変化しているため、様々な言葉が使われ、時には混乱や誤解を招くことも多いという現状です。

ここでは、現代のホスピス緩和ケアについて正しく理解していただくために、国際機関であるWHO(世界保健機関)が示した緩和ケア定義と、日本国内においてホスピス緩和ケアに関わる中心的存在である日本ホスピス緩和ケア協会が作成したホスピス緩和ケアの基準をご紹介いたします。

WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義

かつての緩和ケアの定義(1990年WHO)では、「治癒不能な状態の患者および家族に対しておこなわれるケア」と定義されていました。このため、ホスピス緩和ケアというと「病気が治らない状態、末期状態にならないとかかることができない」という理解が定着しました。
しかし新しい定義(2002年WHO)では、「疾患の早期から」ホスピス緩和ケアが提供されるべきであると変更されています。2007年施行された「がん対策基本法」にも、疾患の早期から緩和ケアが提供される体制を作ると明記されています。

2002年

『緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである。

* 痛みやその他の苦痛な症状から解放する
* 生命を尊重し、死を自然の過程と認める
* 死を早めたり、引き延ばしたりしない
* 患者のためにケアの心理的、霊的側面を統合する
* 死を迎えるまで患者が人生を積極的に生きてゆけるように支える
* 家族が患者の病気や死別後の生活に適応できるように支える
* 患者と家族-死別後のカウンセリングを含む-のニーズを満たすためにチームアプローチを適用する
* QOLを高めて、病気の過程に良い影響を与える
* 病気の早い段階にも適用する
* 延命を目指すそのほかの治療-化学療法、放射線療法-とも結びつ
* それによる苦痛な合併症をより良く理解し、管理する必要性を含んでいる』
参考:WHOホームページの定義(英語) “WHO Definition of Palliative Care”

1990年(ご参考)

『緩和ケアとは、治癒を目指した治療が有効でなくなった患者に対する積極的な全人的ケアである。痛みやその他の症状のコントロール、 精神的、社会的、そして霊的問題の解決が最も重要な課題となる。緩和ケア目標は、患者とその家族にとってできる限り可能な最高の QOLを実現することである。末期だけでなく、もっと早い病期の患者に対しても治療と同時に適用すべき点がある。』
参考:1990年WHO資料(英語)“Cancer pain relief and palliative care”

日本ホスピス緩和ケア協会のホスピス緩和ケアの基準(2009年5月20日)

この基準は、自宅や施設でホスピス緩和ケアを受ける患者・家族とケアを提供する専門職とボランティアが共通の理解を得るための拠り所として作成されたものです。

1. ホスピス緩和ケアの理念

ホスピス緩和ケアは、生命を脅かす疾患に直面する患者とその家族のQOL(人生と生活の質)の改善を目的とし、様々な専門職とボランティアがチームとして提供するケアである。

2. ホスピス緩和ケアの基本方針

○痛みやその他の苦痛となる症状を緩和する。
○生命を尊重し、死を自然なことと認める。
○無理な延命や意図的に死を招くことをしない。
○最期まで患者がその人らしく生きてゆけるように支える。
○患者が療養しているときから死別した後にいたるまで、家族が様々な困難に対処できるように支える。
○病気の早い段階から適用し、積極的な治療に伴って生ずる苦痛にも対処する。
○患者と家族のQOLを高めて、病状に良い影響を与える。

3. ホスピス緩和ケアを提供する形態

1)ホスピス・緩和ケア病棟
2)緩和ケアチーム
3)専門外来
4)訪問診療、訪問看護、訪問介護、ディケアなど在宅療養を支援するサービス
※「在宅療養」とは、自宅以外の居宅系施設における療養も含む

4. ホスピス緩和ケアを受けるための条件

1)悪性腫瘍、後天性免疫不全症候群(AIDS)などに罹患し、ホスピス緩和ケアを必要とする患者を対象とする。
2)患者と家族、またはその何れかがホスピス緩和ケアを望んでいることを原則とする。
3)ホスピス緩和ケアの提供時に患者が病名・病状について理解していることが望ましい。もし、理解していない場合、患者の求めに応じて適切に病名・病状の説明をする。
4)家族がいないこと、収入が乏しいこと、特定の宗教を信仰していることなど、社会的、経済的、宗教的な理由で差別はしない。

5. ホスピス緩和ケアで提供するケアと治療

1)提供するケアと治療は、患者あるいは家族の求めに応じて相談の上で計画・立案する。
2)ケアや症状緩和のための治療に関して、かならずインフォームドコンセントを得る。
3)痛みなど苦痛となる症状は、適切なケアと治療で緩和する。
4)提供したケアと治療については、適切に記録する。
5)症状緩和を行った上で患者と家族がもつ身体的・精神的・社会的・スピリチュアルなニーズ(要求)を確かめて、誠実に対応する。
6)患者との死別前から家族や患者にとって大切な人へのケアを提供するように計画を立てる。
7)家族が患者と死別した後、強い悲しみのために日常生活が普通に送れない状態になった場合、適切な医療の専門家を紹介する。

6. ホスピス緩和ケアを提供するチーム

1)ここでいうチームは、ホスピス緩和ケアを提供する場所の如何にかかわらず患者と家族を中心として医師、看護師、 ソーシャルワーカーなどの専門職とボランティアで構成されるものを指す。
2)チームの構成員は、それぞれの役割を尊重し、対等な立場で意見交換をする。そして、ホスピス緩和ケアの目的と理念を共有し、互いに支え合う。
3)チームの構成員は、教育カリキュラムに基づいた計画的なプログラムのもとで研修を受ける。そして、継続評価によってチームとして成長が図られるようにする。

7. ボランティアについて

1)ボランティアはチームの一員であり、大切なケアの提供者である。
2)ボランティアは自由意思によって、チームに参加する。そして、チームにおける役割を明確にした上で応分の責任を果たす。

8. ケアの質の評価と改善について

1)チームは提供したケアと治療およびチームのあり方について、継続的かつ包括的に評価して見直しを行う。
2)評価と見直しは、「ホスピス緩和ケア評価指針」に基づいて、チームとして自主的に行う。
3)当協会に設けられる評価委員会は、「ホスピス緩和ケア評価指針」による自主的評価の結果に基づいて、ケアの質を向上させるための働きかけを行う。

引用元:NPO法人 日本ホスピス緩和ケア協会