受講者募集のご案内(2018年度 募集要項)

募集要項
2018年度募集要項

1. 受講期間

2018年6月初旬~2019年1月下旬(8か月間)
 

2. 募集人数

30名程度
 

3. 研修場所

(公財)笹川記念保健協力財団(東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル内)
 

4. 受講料

40万円(税込)
テキスト代、実習・見学の出張費、学会参加費等を含む
 

5. 応募条件

(1)10年程度の臨床経験をもつ看護師
 訪問看護、在宅看護経験もしくは類似業務の経験及び管理業務経験があれば望ましい。

(2)研修修了後、概ね1年以内の起業を意図する人、または現在、在宅/訪問看護事業所に勤務し、当該施設の機能強化を目指しうる立場にある人。
 

6. 提出書類・応募方法

(1)提出書類

応募書類(職務経歴、志望動機など)及び看護師免許証の写し

(2)応募方法

笹川記念保健協力財団のホームページの助成事業専用ページから必要書類をダウンロードして記入の上、下記のWebより提出して下さい。(郵送不可)
助成事業専用ページ https://system.smhf.or.jp/app/jp

(3)応募受付

2017年11月 応募受付開始、2018年4月30日締め切り。相談にも応じます。応募は順次受け付けます。
 

7. 選考

(1)一次選考

応募書類による書類審査

(2)二次選考

面接審査(面接日時は一次審査の通知と共に連絡します。面接の日時は相談に応じます。)

(3)合格通知

面接試験の後、合格通知はメールで連絡の上、後日正式書類を送付します。
 

8. 選考後の手続きおよび受講料について

(1)合格通知書と共に送付する「取り決め確認書」の提出をお願いします。

(2)「取り決め確認書」の提出後、指定日までに財団の指定口座まで受講料の送金をお願いします。

(3)その他受講に必要な手続き等は随時連絡しますが、別途、受講オリエンテーションを行いますので参加願います。
 

9.Q&A

Q1. 受講費の分割払いはできますか。

A:原則一括払いとなりますが、必要に応じて相談に応じます。
 

Q2. テキスト代は別途かかりますか。

A:いいえ、テキスト代は受講料に含まれます。
 

Q3. 看護の経験が10年に少し足りませんが、受講できますか?

A. 10年は目安なので応募書類を見て検討させていただきます。
 

Q4. 地方在住者ですが、研修に参加する場合、宿泊施設はありますか?

A. 財団所有の宿泊施設はありませんので、各自でアパート等を捜して下さい。
アパート代については、財団の規定により一定額を補助します。
 

Q5. 受講できない場合、講義を休めますか?

A. ハローワークの手続き等やむを得ない場合は、欠席はできますが、補講はありません。
原則、すべて出席願います。
 

Q6. 講義期間中に、休みは全くないですか?

A. 休みはあります。この間に帰省や開業の準備ができます。
 

Q7. 受講中のアルバイトの紹介はありますか?

A. 当財団からアルバイトを紹介することはありません。
 

Q8. 「日本財団在宅看護センター」はフランチャイズのようなものですか?

A. いいえ、違います。ネットワークです。センターはご自身で起業・運営するものです。
起業支援は行いますが、ロイヤリティや経営管理料を要求することはありません。
 

Q9. 開業時に「日本財団在宅看護センター」のプレートを付けるようになるのでしょうか?

A. そうです。こちらからプレートを提供しますので付けて下さい。
 

Q10. 開業資金の貸付制度はありますか?

A. 貸付制度はありませんが、開業時の支援があります(「支援制度について」参照)。また、講義の中に公的金融機関の方の講義があります。修了生の中にはこの金融機関からの融資を受けている方もいます。