[財団のニュース]
ささへるニュース14号を発行しました

cover_sasaheal14ささへるニュースVol.14 2016年冬号が完成しました。

今号では、当財団が40年以上にわたり取り組んでいるハンセン病問題。そのいまなお残された課題をクローズアップしてお届けします。ハンセン病問題のない世界の実現のため、今、何が課題で、私たちに何ができるのか。是非、特集をご覧ください。

ホスピス緩和ケア・在宅看護センター起業家育成事業部からは、九州と静岡、2つの研修の模様をお知らせいたします。

-ささへる14号目次-

P2-5 特 集 ハンセン病 いまなお残る課題
 笹川記念保健協力財団とハンセン病対策
 インドネシアの新・ハンセン病サービス
 ハンセン病ってどんな病気 Q&A
P6-7 地域で人々を支える看護 ~ケアの現場から学ぶ~
P8  理事長メッセージ 2017年の初めに
   マンスリーサポーター募集

ささへる14号2016年冬