[ホスピス緩和ケアのニュース]
2017年度助成金交付式を開催しました

4月10日(月)、2017年度ホスピス緩和ケア事業の助成金交付式を開催し、研究助成、地域啓発活動助成、人材育成事業(ホスピス緩和ケアドクター研修、奨学金支援、ホスピス緩和ケア従事者に対する海外研修)の各助成者(計45名)へ決定通知書の授与を行いました。

juyo1

弊財団会長の紀伊國は、「人生の最後をいかに過ごすかが大きな課題であり、日本の緩和ケアのために、助成金を有効に使って欲しい」と述べました。理事長の喜多は、「弊財団の助成事業は、日本財団の支援により実施しています。皆さまが、助成金を本来の趣旨と異なる使​い方を​なさると、今後の助成事業​全体の継続​性に関わる​ため、ルールを遵守​し、適正に活用いただきたい」と伝えました。

kinen jinzai

記念撮影:人材育成事業の助成者とホスピス緩和ケアドクター研修の指導医

 

記念撮影の後、事業ごとに助成金の取り扱いの説明があり、その後の昼食懇親会では、参加者同士が、職域や年代を越えて名刺・情報の交換を行いました。助成者の皆様の研究・研修の成功を職員一同期待しております。

konshinkai

懇親会の様子

2017年度 助成者一覧はこちらから

2017研究助成者一覧

活動助成者一覧

2017人材育成助成者一覧