[ホスピス緩和ケアのニュース]
2018年度 助成金交付式を開催しました

2018年度ホスピス緩和ケア事業の助成金交付式を開催しました。

研究助成、地域啓発活動助成、人材育成事業(ホスピス緩和ケアドクター研修、看護師の大学院進学奨学金、海外研修助成)の決定者計46名に対し、決定通知の授与を行いました。

看護師奨学金支援、ドクター研修、海外研修助成の決定者の皆様

看護師奨学金支援、ドクター研修、海外研修助成の決定者の皆様

「ホスピス緩和ケアに関する研究助成」は医療施設の内外を問わず、質の高いホスピス緩和ケア及びその供給体制の充実・向上のための先駆的・独創的研究を支援しています。本年度は15名の医師、看護師、臨床心理士、理学療法士等、医療従事者の研究に対し助成が決定しました。

「地域啓発活動助成」では、ホスピス緩和ケア、在宅医療等の必要性を保健医療従事者や一般市民に対して周知啓発するための活動に対し助成をしています。今年度は北海道から九州まで全国で行われる18の活動に対し支援を行います。

人材育成事業では、5名の医師が「ホスピス緩和ケア」の指導に実績のある緩和ケア病棟で研修を行う他、7名の看護師の大学院(修士課程・博士課程)への進学のため奨学金と、イギリスでの海外研修助成に対し助成を行います。

交付式では、助成金の適正な取り扱いについての説明を行い、その後の懇親会では和やかな雰囲気の中、名刺・情報交換が行われました。

2018年度助成者一覧はこちら→PDF_2018助成者一覧