[活動レポート ― ホスピス緩和ケア]
「老化に伴うこころとからだの変化」学習会のご案内

当財団では、ホスピス緩和ケア、終末期ケアおよび在宅医療等の必要性を、保健医療関係者から一般市民まで幅広い層を対象に周知啓発する活動、または地域における生活・療養・医療・介護・看取りを支えるための多職種間連携強化等に対する助成をおこなっています。今年度は、医師、看護師、介護福祉士など、18名が助成活動中です。

ご紹介する鈴木晶子さんは、地域の方々が自ら在宅医療や介護について考え、病気や障がいを持っても「自分の選んだこの町で暮らしていける」と思える機会を作る活動をしています。この度、活動のひとつとして、6月2日(土)に東京都足立区北千住で学習会「老化に伴うこころとからだの変化」が開催されます。どなたでもご参加いただけますので、関心のある方とお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

本会に関するお問い合わせ・お申し込みは

北千住訪問看護ステーション 電話03-3882-8386 FAX03-3882-8581

まで直接ご連絡ください。

スライド1 スライド2