[財団ブログ]
マダガスカル出張

ハンセン病制圧特別大使一行に同行し、5月2日~5日マダガスカルを訪問した。マダガスカルは2006年末に、WHOのハンセン病制圧目標(人口1万人当たりの患者数が一人以下となること)を達成している。特別大使が今回の訪問中に会った全ての政府要人から、今後は根絶(患者が全くいなくなること)に向かって頑張っていくという力強い言葉が述べられ、同行した私達も大いに勇気づけられた。特別大使からは、”国際的スタンダードを達成”したことに対する賛辞と、その努力に対する労いの言葉が述べられる一方、政府関係者はその言葉に素直に喜び勇気付けられていた様子に、末席に連なっていた私もすっかり和やかな気持ちになった。今後のさらなる活動の展開に期待したい。Jinko