[財団ブログ]
洪水のあと

現地調査のため、バングラデシュの首都ダッカを訪れました。
毎年深刻な洪水の被害を受けるこの国ですが、
1週間ほど前も豪雨で増水した川が堤防を破堤し、
国土の3分の1が浸水しました。
訪問したこの地域に住む人々は、洪水に襲われるたびに
高台になっている道路沿いに避難し、
食糧援助を受けながら
家に戻れるまで水が引くのを待ちます。
毎年のことといえど、、
貧困の中に暮らす人々を
追い討ちをかけるように襲う洪水被害。
厳しい生活環境の現状です。。

まるで一寸法師のようなこの光景。
(と、思ったのは私だけかもしれませんが)
この女性は、川の側に立つ(通常は)
左奥の家に住んでいます。
バスタブを2つ繋げてボート代わりに。
訪れた私たちに会いに出てきてくれました。
ちなみに彼女はハンセン病の回復者。
彼女の夢は小さくてもいいから自分の土地を持つこと
と語ってくれました。。