[財団ブログ]
2008年度日中 外科学2 山本雄造教授 報告書

2008年度日中 外科学2 山本雄造教授 報告書 が公開されました。
2008年9月より2010年6月までの10ヶ月間、中国医科大学との共同プロジェクトで貧困地域の医療従事者4名を対象に、最新医療の現場で自己分野の研修を行った。研修指導には、帰国笹川医学研究者があたり、日本の専門家も現地を訪れ特別講義・指導を行った。
専門分野:    外科学
研 修 生:  李暁軍 医師  (遼寧省) 
指導教官:  戴朝六 中国医科大学 肝胆外科主任教授
                 (笹川医学研究者第18期生)
日本側専門家:   山本雄造 秋田大学大学院医学系研究科外科学教授
成果物詳細ページへ(ファイルダウンロード)