[会長ブログ ― ネコの目]
Pokemon Go, Pokemon Gone ポケモンゴー, ポケモンゴーン(ポケモンは行く、ポケモンは去った)

しばらくの間、ポケモン・ゴーが、大人も含む多数者の注意を引きましたが、お試しになりましたか?

通常、BMJで通じる、英国の伝統ある医学雑誌British Medical Journal(英国医学雑誌)に、ハーバードの研究者による面白い論文が出ていました。私もその一人ですが、あなたも・・・

ゲーム「ポケモン・ゴー」は、2016年7月に発表されたスマートフォンでプレイする地域密着型ゲームです。仮想キャラクター「ポケモン」を捕まえ、段階的に難しいレベルに上がります。「ポケモン」をゲットするには、それが居そうな場所に出かけてうろつかねばなりません。実は、私が捕まえた最初の一匹?は、事務所のビルの中に居ました。

公衆衛生専門家たちは、仮想キャラクター「ポケモン」を捕まえるために、人々はそれが居そうな場所に出かけるため、実際に、人々がもっと身体を動かすのではないかと予測していました。

何でも研究の対象になるのですが、ホント、ポケモンも公衆衛生学者が料理すると・・・

ハーバード大学の研究者は、ゲーム発表後の2016年8月中、18から35歳の約1,200人のスマートフォン使用者に対してオンライン調査しました。回答者の47%は初心者向けの「トレーナーレベル」でゲームし、約2時間は歩き回ったことが判りました。ポケモンを始めた最初の1週目は毎日11分間余分に歩き(1週間で77分)、歩数は毎日955歩増だったそうです。が、この数字は世界保健機関(WHO)が勧告している健康のための週間歩行時間を150分以上に増やすことの半分でしかなく、しかも、以後5週目までに歩行数は徐々に減少し、6週目に元に戻っています。私は、途切れ途切れに1ヵ月半やりましたが、ほとんど歩行数は増えませんでした。乗り物待ちとか人との待ち合わせ時間でしたので。

つまり、研究者は、バーチャルリアリティーゲームは成人の身体活動を短時間、わずかなに増やしたが持続的ではなかったと結論付けています。

グラフの左端はゲーム前、ついで1週目以降6週までで、元に戻っている。

グラフ左端はゲーム前、ついで1週目以降6週までで元に戻っている