[会長ブログ ― ネコの目]
やっと念願かないました!!

2013年に笹川記念保健協力財団に参りました後、念願のモーターボートに乗せて頂いたのは、その年の8月でした。詳細はこちら

実のところ、ホントに、ホントに、怖かった・・のですが、「70才を超えたオンナでは、いない!!」とモーターボート選手会上瀧和則会長におほめ頂きました。あッ!!、今考えるとあきれられたのかな?

 

私ども、笹川記念保健協力財団は、その多くの資金を、親財団である日本財団から支援をうけますが、その原資はモーターボートレース収益金であることはよく知られています。その上、私どもは、毎年、個々のレーサー各位から、「**GSグランプリ」など、冠がついたレースの優勝に際して、多額のご芳志を頂戴してまいりました。

 

渡邉直美写真それで、個々のレーサーにお礼を申し上げたいという理由をつけて、昨日、『ボートレース平和島クイーンズクライマックス2018』の開催される大田区のボートレース平和島にまいりました。実は、女性レーサーなどというと、どんな方が…と思いますが、どちらかと申せば、小柄で楚々とした風情の方が多く、さらに、皆さま、人懐っこい感じが致します。もちろん、こちらがレーサー!! ? !!と構えすぎているのでしょうが、ホント、優しげな笑顔を見ていると、水上の勇壮な走りと一致しないのです。ただ、レース前のボートの部品?を調整されている姿は、真剣そのもの、外から、安易に声をかけられる雰囲気ではありませんでした。ホント…命がけだと思いました。

水上の勇壮な走り

一斉にスタート

 

さて、昨日は、何と、財団内で、人気随一の渡辺千草選手にご挨拶するだけでなく、2ショットさせて頂くという栄を頂きました。ルンルンしている後期高齢者のうれしそうな顔をご覧ください。こうして、私の2018年は、ハッピーにエンディングしつつあります。

 

人気随一の渡辺千草選手と 2ショット

人気随一の渡辺千草選手と
2ショット

皆さまもお風邪など、召しませぬように。