[財団ブログ ― ハンセン病]
ベトナムで:まりこさん

中国の定着村からインドネシア、ベトナム、インド、ミャンマー(近日下見調査決行)へと広がっていっているハンセン病定着村・療養所でのワークキャンプ。たかはしまりこさんはベトナムでもワークキャンプをやってみようと2011年9月に単身乗り込みました。

それから約10カ月。ベトナム語もできるようになり、ベトナムの人もベトナムと言う国も好きになってきたというまりこさん。

「私はなにもできません」と言い張りますが、実は優秀です。自然体でいろんなことを吸収し、ワークキャンプだけにはとらわれず、今後もハンセン病とベトナムとどうやってかかわっていこうか考えているようです。

そんなまりこさんのブログも読んでみてください。

「まりぽの楽描帳: ベトナム滞在記」 (http://blog.canpan.info/maripo/category_1/1)
小物や洋服のオーダー、おいしい食事、気軽に行ける距離で、若い女性に大人気のベトナムですが、そんな観光客の視線とはまったく違うベトナムが見えてきます。
(H)
バサオ①.JPG
バサオ村でのワークキャンプ