[財団ブログ ― ハンセン病]
花さき保育園に行ってきました

国立ハンセン病療養所全生園の中にできた花さき保育園が、7月1日にオープンしました。
かつて、ハンセン病を患う人たちを隔離・治療するために作られた療養所。
子どもを産むことも、育てることも許されなかった療養所に生まれた保育園。
断たれた命の絆が生まれ、子どもたちの明るい声が響き渡ります。
外見からおしゃれなモデルハウスさながらの花さき保育園ですが、
中に入ると、大きなガラス越しに豊かな緑、白い壁、床などの木目が目に鮮やかです。
IMG_0724.jpg
天井も高く、部屋も広々していて、子どもたちものびのびとしていました。
ちょうどお昼時で、ガラスの食器とお箸を使って、上手においしそうなご飯を食べていました。
IMG_0723.jpg
小さい子どもたちのクラスは、そろそろお昼寝の時間。
カーテンをおろして、少し暗くなった部屋で、トントンしてもらいながらうとうと。
これ以上ない環境の中に誕生した保育園です!
(H)