[財団ブログ ― ハンセン病]
岡山で回復者など製品

10月27日(土)に岡山で開催された「ハンセン病問題の今後を考える国際シンポジウム」で、フィリピンのマニラ近郊の療養所の女性グループが作る製品と、インドの回復者とその他の障がいを持つ人たちが作る製品を販売させていただきました。
CIMG7712.JPG
受付の向かいに場所をいただいたので、受付を終えられた皆さまがたくさん見に来てくださいました。
RIMG2268.JPG
フィリピンの製品(詳しくはこちらをどうぞ!https://www.smhf.or.jp/blog_smhf/blog_hansen/5351/)は大好評で、たくさんの方に買っていただきました!
同じく人気だったのが、インドのストール(詳しくは9月28日にアップされたインド製品についてをご覧ください https://www.smhf.or.jp/blog_smhf/blog_hansen/5352/)。
鮮やかな色のものがたくさん売れました。
ずいぶんと涼しくなってきましたが、襟に1枚くるくるっと巻くだけで違います!
それ以外に強力新製品はこれ!
インドのジュートバッグならぬジュートカードです。
しっかりした色とりどりの厚紙で作られたカードに、象、くじゃく、魚などの模様のジュートが貼り付けられていて、とってもキュート。
jute card.JPG
jute card 2.JPG
多くの人に見て、触れて、買っていただき、感謝感謝でした。
買ってくださった方、どうもありがとうございました。