[財団ブログ ― ハンセン病]
お礼:セミナー「隔離」から「共生」へ 

2013年6月16日(日)に国立療養所多磨全生園で開催された、IDEAジャパン・障がい分野NGO連絡会(JANNET)・笹川記念保健協力財団の共催セミナー
「隔離」から「共生」へ ハンセン病療養所の「内」と「外」から社会を変える

は、予想を遥かに超える約70人(!)の方々にご参加いただきました。
ハンセン病首都圏市民の会の代表である鈴木 禎一さん、IDEAジャパンの理事長である森元 美代治さんからは、当事者としていかにハンセン病とその問題に関わってきたか、
都立武蔵台学園府中分教室ひだまり学級教諭の佐久間 建さん、ハート相談センターの相談員の高久 洋子さん、フリーライターでIDEAジャパンの事務局長である村上 絢子さんからは、療養所の外からいかに入所者や退所者に関わってきたか、をご紹介いただきました。
療養所の「内」から、そして「外」から社会を変え、また、変わっていきつつあるハンセン病問題との取り組みを通して、その他の社会問題に振り返ることができる多くの学びがありました。
スピーカーの皆さま、そして参加くださった皆さま、どうもありがとうございました。
RIMG2930.JPG
 最後のスピーカー 村上 絢子さん
今後もハンセン病に関するセミナーを開催したいと思いますので、ご関心のある方は、それほど関心がない友人・知人を連れて、ご参加ください!