[財団ブログ ― ハンセン病]
コロンビア ハンセン病の歴史

コロンビアで最初のハンセン病特別病院であるサン・ラザロ病院ができたのは1608年のことです。
場所はカルタヘナ。
1790年に、南米初のハンセン病療養所であるカニョ・デル・オロが同じくカルタヘナにできると
サン・ラザロ病院に入院していた人たちは、カニョ・デル・オロに移されました。
カルタヘナはカリブ海沿岸に位置するボリーバル県の首府であり、コロンビアで最も観光客の多い観光都市です。
一大観光都市にハンセン病療養所があるのはいかがなものか、と考えた政府は
カニョ・デル・オロを閉鎖することにしました。
時は1950年。
1790年にはサン・ラザロからカニョ・デル・オロへ、
そして1950年にはカニョ・デル・オロから
現在も残るコロンビアの療養所であるコントラタシオンとアグア・デ・ディオスへと
入所者は移送されました。
カニョ・デル・オロは閉鎖直後、「汚染」を避けるために、爆撃されました。
現在でも旧療養所には、爆撃され、崩れ落ちた建物の残骸が放置されたままです。
カニョ・デル・オロからアグア・デ・ディオスに移り住んだ人たちはすでに亡くなったそうですが、その子孫から話を聞いたものがいくつか残されているそうです。
ここコロンビアには、胸のざわめくような記録や記憶が多く残されています。
が、多くは外に開かれていません。
これをどうやって外の世界からアクセスできるようにするのか、
大きなチャレンジです。
(星野)