[財団ブログ ― ハンセン病]
台風ヨランダから2か月 クリオンはいま

2013年11月7日夜から8日朝にかけ、瞬間最大風速90メートルにも達したという超大型台風ヨランダがフィリピンのクリオンを直撃しました。
クリオンは台風の通り道から外れることが多く、ヨランダの前にある程度の被害が出た台風は
約25年前。
その25年前の台風も、ヨランダと比較することはできない規模でした。
台風一過の8日には、クリオン療養所ならびに総合病院に多くの人がやってきました。
屋根が飛んだ、家が倒壊した、魚釣りのボートが壊れた・・・
多くの人の訴えを聞き、クナナン院長は、病院として被害状況の把握をすることとしました。
自身も被災している職員が、がれきや倒木で道がふさがれているなか、被害実態調査を始めました。
同時に療養所に家屋修繕を求めてやってくる人たちのもとに、別途ソーシャルワーカーを派遣し、
修理の必要状況を確認し、優先順位をつけていきました。回復者、そして特に被害の程度が大きい人に優先順位を置き、これまでに20家屋の簡易修繕が完了しています。
その中の1人、ヘルミディア・コンセプションさんの話です。
 両親も回復者で、私はこの島で生まれました。私もハンセン病を発症しましたが、子供に恵まれ、いまは穏やかな老後を過ごしています。子供はいま、クリオンを離れて家族と暮らしています。実は私の家は25年前の台風の際にも被害を受けたのですが、子供たちが少しずつためたお金を送ってくれたおかげで、空洞コンクリートブロックの壁を作ることができました。
 でも子供たちも、自分の子供の教育にお金がかかるので、これ以上は無理を言えません。
 11月7日、7時ごろから風が強くなってきました。私の家はコンクリートの壁なので安心だと、友達が1人避難しに来ていました。彼女は義足なので、安全な場所で台風が通り過ぎるのを待ちたいと言っていました。
 8時ごろにはものすごい風になっていました。外で木の倒れる音や、いろんなものが飛んでいく音が聞こえました。すさまじい風でした。早々に電気も通らなくなり、真っ暗な中、ただ台風が通り過ぎるのを待っていました。
 風は弱まることを知らず、吹き荒れていました。すると何時頃でしょうか。メリメリっと音がして屋根が飛ばされていったのです。恐ろしさで声も出ませんでした。すさまじい風に加え、降り注ぐ雨。雨粒が体に叩きつけますが、それから身を隠すこともできません。
 外ではいまだにいろんなものが飛ばされていますから、逃げることもできず、友達と2人
抱き合って泣きながら祈り、数時間を過ごしました。
 台風が去っていったのは、次の日の朝、7時ごろだったでしょうか。風がおさまっても
私たちは震えを抑えることができませんでした。
 台風が過ぎ去り、太陽が昇り、ようやく震えが止まったあと、クナナン院長のところに
助けを求めに行ったのです。
 療養所のソーシャルワーカーがやってきて、家の状況を見て、家屋の修繕はできる限り早くに始めたいと考えていること、修繕が可能となった場合には、私の家は早い段階で修繕を行ってくれることを聞き、どれほど安心したことか。
 それからしばらくして、笹川記念保健協力財団が緊急支援をしてくれること、その中に家屋修繕も含まれていること、私の家の屋根の修繕も行えることを聞きました。感謝しても感謝してもしつくせません。本当にありがとうございました。
IMG_2934.JPG
新しいトタン屋根がついた
IMG_2935.JPG
まだ家屋修繕を必要としている人が、多く残っています。
これからも温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
(星野)