[財団ブログ ― ハンセン病]
〈ご案内〉「世界の島は語る」パネル展の開催!!

今月初めより月末まで、日本財団ビル1階フロア(バウルーム)にて、国立療養所長島愛生園歴史館制作(協力: 笹川記念保健協力財団)の「世界の島は語る」パネル展を開催しています!
「海・・・ それは島の療養所に隔離された者にとって、社会や家族との「壁」そのものでした。療養所の入所者たちはこの海を眺め、故郷を想い、家族を想いました。」
岡山県にある長島愛生園は、日本で島に所在のあるハンセン病療養所の一つです。その療養所の歴史館で学芸員をつとめる田村さんの言葉です。
世界には、日本と同じように隔離政策を行い、隔離施設としての療養所を島に開設した国がいくつもあります。本パネル展では、世界各地のそうした島の歴史と今日の姿をわかりやすく紹介し、今に至るまで続いてるハンセン病問題とその将来について考察を深める機会を提供するものです。
みなさんのお越しを心よりお待ちしております!
会場: 日本財団ビル1階 (東京都港区赤坂1-2-2)
  (地図 → https://www.smhf.or.jp/about/access/
開館時間: 平日9:00~17:00
※ 入場無料

IMG_4317.JPG
会場の様子
culion.jpg
フィリピン・クリオン島についてのパネル