[財団ブログ ― ホスピス緩和ケア]
エンドオブライフケア学習会のご案内

 こんにちは。笹川記念保健協力財団です。
この度、当財団からの地域活動支援助成で活動をされている国立療養所多摩全生園看護部様より、エンドオブライフケア学習会のご案内をいただきました。当財団では、ホスピス緩和ケア事業の他にハンセン病対策支援事業も行っています。ハンセン病回復者の心の痛み、終末期医療や緩和ケアのあり方など、ハンセン病を通して見えてくる問題を一緒に考えてみませんか?ぜひご参加下さい。

【学習会スケジュール】

11月29日(金)18:00~19:30  
テーマ: ハンセン病とNBM(ナラティブ・アプローチ) 
講 師:宮坂 道夫 先生 11月 (1).pdf
  12月21日(土)13:30~15:00 
テーマ: ~”生きる”ことの揺らぎの中で~
ハンセン病回復者とスピリチュアルペイン 
講 師:吉川 眞 先生  12月.pdf
1月11日(土) 13:30~15:00
テーマ : 人生を望むように生きるために
~人工栄養で生きる事を考える~
  講 師:会田 薫子 先生  1月.pdf
2月15日(土) 13:30~15:00
テーマ :物語られる人生と医療 
~チームナラティブの挑戦~ 
講 師:佐藤 伸彦 先生  2月.pdf

   

※すべて参加費は無料となっておりますが、
事前申し込みが必要です。
申し込み先:国立療養所多磨全生園 看護部 
FAX:042-394-2401