[ハンセン病のイベント]
1/28-30「ハンセン病の歴史を語る 人類遺産世界会議」開催

リーフレット(PDF)

リーフレット(PDF)

人類の歴史を通し、世界各地で、厳しい偏見と差別の対象であったハンセン病の歴史は、これまで「負の遺産」「負の歴史」として語られてきました。しかしハンセン病の歴史はそれを生き抜いた人々が放つ、生命の輝きの歴史でもありました。名前を失い、故郷、家族、友人をも失い、社会とのかかわりを断たれながら、一人の人間として、内からの強い光を放ちながら生きてきたその軌跡は、人間の持てる計り知れない力と可能性を表す、「人類の財産」であり「遺産」です。

ハンセン病は「過去の病」と見なされるようになり、その歴史は世界的に急速に失われつつあります。歴史の記録と保存は、今をおいてはかなわない急務です。世界約20カ国の当事者、家族、国家機関、研究者、NGOなどが集まり、世界各地のハンセン病の歴史保存に関する取り組み、歴史保存に関わる主たるプレイヤー、回復者の生きた証を残す作品のセッションに続き、関心分野やアプローチの差を超え、歴史保存の緊急性と言う問題意識を共有する関係者が、地域連帯構築をはじめ歴史保存の今後の展開へとつなげるため、「ハンセン病の歴史を語る 人類遺産世界会議」を開催します。

詳細

1.会議名:ハンセン病の歴史を語る 人類遺産世界会議
2.開催日時:2016年 1月28日(木)~30日(土)
3.会場:1月28日 笹川平和財団ビル11階国際会議場
  1月29日・30日:日本財団ビル2階大会議室
4.定員:1月28日 300名、1月29日、30日 150名
5.参加費:無料
6.申込締切:2016年1月15日(金)

申し込み先

 https://www.smhf.or.jp/kaigi/ (オンライン登録)

問い合わせ先

  公益財団法人 笹川記念保健協力財団 
  FAX:03-6229-5388 / E-mail:smhf@tnfb.jp

*同時通訳(日→英、英→日)あり