[ホスピス緩和ケアのイベント]
「看護研修会 in福岡」開催のご案内

超高齢多死社会を迎え、病院完結型の医療から地域包括ケアへ、効果的な新たな保健医療体制の構築が求められています。笹川記念保健協力財団では、最大多数を誇る看護職が、医療施設内における活動に加え、今後、地域における「医療と生活」を担い活躍することを支援しています。
この度、日本および世界医師会のリーダーである横倉義武先生、経済産業界の重鎮にして病院改革の旗手である麻生泰先生、そして、看護界のリーダーである前日本看護協会会長の坂本すが先生、看護学校で人間教育と生涯教育を実践している百瀬栄美子先生をお迎えし、2018年11月30日・12月1日に福岡にて、「看護研修会in福岡」を開催いたします。
2025年問題を目前に、「看護師が社会を変える」ために、看護師ひとりひとりの意識変容を目指します。
対象は看護師ですが、看護を学ぶ学生はもちろん、医師他、医療に従事している方も歓迎いたします。また、初日夜には懇親会を行います。全国から集まる志高い参加者、講師の先生方との交流もまた、自己成長の機会になるのではないでしょうか。研修と併せて、ぜひご参加ください。お待ちしております。
<研修会申込先>

・日時: 2018年11月30日(金)16時~20時半(懇親会含) 

         12月 1日(土) 9時~12時半 

・場所: ソラリア西鉄ホテル(福岡市中央区天神2-2-43)

・定員: 200名(定員に達し次第締め切ります)

・参加費: 研修会は無料/懇親会は1,000円を当日受付にてお支払ください。
無題