[支援活動レポート]
[タンザニア]ハンセン病回復者ネットワーク支援

期間 2008年度
対象地域 全土
協力先 TLA(Tanzania Leprosy Association:タンザニア・ハンセン病協会)

TLA支部リーダーたち(モロゴロ州チャジ回復者村)

この状況を変えるため、定着村をつなぎ、回復者自らが政府やNGO、コミュニティーの人々とのパートナーシップを築きながら、一般社会にハンセン病についての正しい認識を広め、社会を変えていくことを目指した取り組みがスタートしました。

このTLAによる取り組みに、当財団では2008年より協力しています。すでにタンザニア全土にある39定着村すべてにおいて支部が立ち上がり、回復者の全国リーダーも選ばれました。各地域で啓発ワークショップを開催するなど、社会からハンセン病に対する差別・偏見をなくしていくための活動を積極的に進めています。