[支援活動レポート]
[中国]義肢装具製作車の供与

期間 2010年度
対象地域 広東省、江西省、湖南省、福建省ほか
協力先 HANDA(広東省漢達康福協会)

義肢製作器具を搭載した車両

中国江西省、湖南省、福建省では、ハンセン病回復者の約35%以上が重度の障がいを持ち、そのうち約2割が義肢を装着していると言われています。

義肢は体に合ったものでなければ装着に痛みを伴うだけでなく、傷や腫瘍につながる恐れがあります。広東省漢達康福協会(HANDA)ではこれまで、広州市の義肢製作工場において質の高い義肢の製作を行っていましたが、遠隔地に住む回復者へのタイムリーで適切な義肢の提供は困難でした。

この問題を解決するため、本プロジェクトでは、義肢製作に必要な器具一式を搭載し、型取りから完成までを現地で行うことのできる車両を供与しました。これにより、コストと時間効率が向上しただけでなく、より多くの人々に適切な義肢を提供することができるようになり、ハンセン病後遺障がいに悩む回復者の生活の質向上に寄与することが可能となりました。

この支援は篤志家の方々からのご寄付により実施することができました。