[財団のニュース]
フィリピン台風被害への緊急復興支援へのご寄付をお願いします

2013年11月8日にフィリピンを襲った大型台風30号ハイエン(フィリピン名ヨランダ)は、フィリピン各地に甚大な被害をもたらしました。フィリピンと長いつながりを持つ笹川記念保健協力財団では、長年の支援先であるクリオン療養所の所長ならびに総合病院の院長であるクナナン先生と連携のもと、クリオン島を中心に現地のニーズに合った支援を行います。
政府をはじめとする緊急援助は被害が最も大きかったレイテやセブ、サマールに集中しており、クリオン島までは手が届いていません。
クリオン島では、死者が出なかっただけでも非常に幸運であるものの、多くの建物は倒壊し、全島民の75%である1万5千人が被災しています。
島の再建のためには多くの支援が必要とされています。
皆様のあたたかいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

詳しくは >>こちらからご覧ください。