[財団のニュース]
ささへるニュース9号を発行しました

cover_sasaheal09ささへるニュースVol.9 2015年秋号が完成しました。
今号では、「 日本財団在宅看護センター」起業家育成事業を特集します。本事業は地域に根差した在宅看護事業所を企画・運営できる経営力を持った看護師の育成を目指して2014年にスタートしました。昨年度受講された1期生の方々はすでに10名の方が開業、2期生の方々の研修が順調に進んでいます。8月に都内で開業なさった1期生の 方の開業までのストーリー、講師の先生、並びに1期・2期生の皆さまからのメッセージをお伝えします。来年6月にスタートする3期生の募集は11月から開始します。
また、10月17日から24日にかけて熊本、福岡、香川、兵庫で開催する「ハンセン病問題を語り継ぐ者」講演会のご案内は8ページにございます。
福島で開催した放射線サマーセミナー、ホスピス緩和ケア事業助成者報告会開催の模様もあわせてお楽しみください。

特 集 「 日本財団在宅看護センター」起業家育成事業
  緩和ケア病棟から在宅看護の道へ
  「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業の意義と展望
放射線災害医療サマーセミナー2015
ホスピス緩和ケア事業「2014 年度助成者報告会」開催
2016 年度ホスピス緩和ケア事業 研究助成募集のお知らせ
第2回「ハンセン病問題を語り継ぐもの」シンポジウム開催のお知らせ

ささへるニュース9号

過去のささへるニュースのページへ