[ハンセン病のニュース]
世界のハンセン病セミナー第2回 終了のお礼

皆さま

昨日(7月11日)は、世界のハンセン病セミナー第2回 「届け、ハンセン病の治療」を、当財団ビル2階会議室で開催いたしました。

セミナー2回目の今回は、ハンセン病制圧活動の第一線で活躍されてきた湯浅 洋先生に

現代ハンセン病治療法である多剤併用療法 (MDT)の確立前から、現代にいたるまでの世界のハンセン病制圧活動の流れを伺いました。

大変に暑い中、学生からハンセン病専門家、当事者の方まで、50人以上の方が参加してくださいました。

どうもありがとうございました!

これからも世界のハンセン病セミナーを続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。