[ハンセン病のニュース]
当財団が進めているハンセン病歴史保存のための国際ワークショップの様子が各紙新聞に掲載されました

10/31(金)~11/3(月)の4日間にわたり、当財団がイニシアチブをとって進めているハンセン病の歴史保存ためのワークショップが開催されました。
最初の2日間を東京都東村山市のハンセン病資料館にて、11/2-3には国立療養所栗生楽泉園のある草津に場所を移しての開催でした。

朝日新聞 重監房の酷、海外に伝承

毎日新聞 ハンセン病歴史どう保存 外国人関係者が見学

上毛新聞 歴史保存 日本に学ぶ 5カ国の研究者ら 草津・栗生楽泉園