[ハンセン病のニュース]
ハンセン病の差別撤廃を訴えるサイト「THINK NOW ハンセン病」が開設されました

当財団の活動への助成を頂いている日本財団では、毎年1月の最終日曜日の「世界ハンセン病の日」に、ハンセン病に対するスティグマ(社会的烙印)と差別をなくすための「グローバル・アピール(世界宣言)」を発表してきました。
10回目を数える2015年1月は日本で開催、ハンセン病は治る病気であること、治療は無料で受けられること、差別は不当であることを訴えます。

この期をとらえ、日本財団では、新たにハンセン病の差別撤廃を訴えるサイト「THINK NOW ハンセン病」を開設し、応援メッセージを随時募集・配信しており、当財団でも、この活動に協力しております。

ご賛同いただける方は、「Think Nowハンセン病」という応援メッセージを撮影して、photo@ps.nippon-foundation.or.jpまで是非送ってください。
送っていただいたメッセージは同サイトで順次公開となります。
応援メッセージの撮影方法など、詳細につきましては、下のチラシをご確認下さい。

「THINK NOW LEPROSY (ハンセン病)!あなたから一億人へ!」プロジェクト

Think now ハンセン病

 

「THINK NOW ハンセン病」サイト


日本財団THINK NOW ハンセン病 グローパルアピール2015のページへ