[ハンセン病のニュース]
世界のハンセン病セミナーの開催

セミナー開催のお知らせです。
「世界のハンセン病セミナーシリーズ第1回
エチオピアのハンセン病回復者団体ENAPALの歩み」
開催日時:2013年3月12日(火)18:30 ~ 20:00(受付18:00~)
開催場所:日本財団ビル 2階 第8会議室
(最寄駅:東京メトロ千代田線・丸ノ内線 国会議事堂駅3番出口、東京メトロ南北線・銀座線
溜池山王9番出口)
地図はこちらからどうぞ https://www.smhf.or.jp/outline/access.html
参加費:無料(コーヒーつき)
使用言語:日本語(プレゼンテーションは英語ですが職員が通訳を行います)
※日本手話通訳が必要な方は申し込みの際にお知らせください。
<お問合せと申し込みはこちらまで>
公益財団法人 笹川記念保健協力財団
E-mail: smhf@tnfb.jp TEL:03-6229-5377
上記メールアドレスまで、ご氏名、ご所属と連絡先をお知らせください。
エチオピアには7地域に63の支部を持つ回復者団体ENAPALがあります。
これまでこのブログでも、エチオピアの回復者団体ENAPALの会員であるリーベンさんの話や、ENAPALの支部デセの話を取り上げていますが、自分たちの問題を自分たちで解決するという強い思いで、目覚ましい活動を続けています。
そのENAPALの設立当時から関わり続け、2004年から今年1月まで事務局長を務めたMr Menberu Adane Yihunieが、小規模なグループから始まったENAPALが国レベルでつながり、社会に影響を与えるにいたっているかを話します。
エチオピアが好きな方、ハンセン病問題に関心のある方、回復者団体について知りたい方、どうぞお出でください。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております!
【案内】エチオピアハンセン病回復者団体の歩み.doc