[ハンセン病のニュース]
ハンセン病ワークキャンプドキュメンタリーがYouTubeにアップされました

当財団と複数年にわたって協力関係にある「ハンセン病支援学生NGO Qiao-橋」が、当財団の助成金で、彼らの活動の柱である中国ハンセン病快復村でのワークキャンプのドキュメンタリー映像を制作しました。

「ハンセン病支援学生NGO Qiao-橋」は、早稲田大学に本拠地を置く学生NGOです。学生達は中国にあるハンセン病の快復村でワークキャンプを行うことで、ハンセン病回復者と深い関係を築きあげてきました。なお、ワークキャンプとは、自ら労働を体験しながら現地の人々と交流する国際交流やボランティアの形態のことです。

学生達がワークキャンプを通じて得るものはとても映像には収まりきれていませんが、現地での様子が伝わってきます、以下のリンクから是非ご覧ください。