[ハンセン病のニュース]
湯浅洋先生追悼集を発行しました

湯浅先生を偲んでicon2016年9月7日、ハンセン病制圧に生涯をささげた当財団の元常務理事・医療部長 湯浅洋先生がご逝去なさいました。90歳でした。長年にわたる活動の中で、密に関係のあった方々からのメッセージを頂き、湯浅洋先生の追悼集を作成いたしました。

ご自身が「ハンセン病化学療法(MDT)を世界に広めることが私の生涯の仕事だった」とのちに語っておられたように、1975年に笹川記念保健協力財団医療部長として就任以後、MDTの普及のため、30年間世界中を駆け巡られました。MDT治療の確立でハンセン病は確実に治る病気になり、今日までに世界で1,700万人以上がMDTによってハンセン病から治癒し、そのうち400万人の障がいを防ぐことができました。

湯浅洋先生を偲んで(PDF 2.5MB 日本語 )

Tribute, Remembering Dr. Yo Yuasa(PDF 2.5MB 英語)