[ハンセン病のニュース]
デジタル版「新ハンセン病アトラス」と「Dignity Regained-尊厳の確立-」

「新ハンセン病アトラス」は草の根レベルの保健職員・ヘルスボランティアを対象として制作した患者発見・診断・治療のためのマニュアルです。この度、現在発行されている7ヶ国語版(英語・インドネシア語・スペイン語・ネパール語・ヒンディ語・フランス語・ポルトガル語)がすべて電子化され、当HPでご覧いただけるようになりました。
また、ハンセン病にかかった回復者たちが、偏見や差別を乗り越えた勇気あふれるライフストーリーをつづった「Dignity Regained-尊厳の確立-」は6カ国(インド・インドネシア・カンボジア・中国・フィリピン・ミヤンマー)の作品が同じく電子化され、HPでご覧頂けるようになりました。
https://www.smhf.or.jp/outline/publication.html