[ホスピス緩和ケアのニュース]
「看護師が社会を変える」 記念フォーラム開催(2/24)

笹川記念保健協力財団では、既に当ホームページでご案内しております

「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業を2014年度より立ち上げます。

この度、本事業立ち上げを記念し、フォーラムを開催する運びとなりました。

 

2014年2月24日 (月) 13:30-15:00 会場:日本財団ビル2F A会議室

 

出演者:

辻 哲夫氏(東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授)

清水 嘉与子氏(公益財団法人 日本訪問看護財団 理事長)

村松 静子氏(在宅看護研究センターLLP 代表)

三原 岳氏(公益財団法人 東京財団 研究員兼政策プロデューサー)

上記四名のスピーカーをお迎えし、政策・組織・現場の面から、求められる在宅看護のあり方や、看護師の可能性について、また本事業が日本が抱える高齢社会の問題に、どういうアプローチから向き合っていけるのか、当財団理事長 喜多がお話を伺います。

記念フォーラムお申込みはこちらから

記念フォーラム

記念フォーラム

定員100名に達し次第締め切ります。

皆さまのご参加をお待ちしております!

「日本財団在宅看護センター」チラシはこちらから

20140110094709-0001