[ホスピス緩和ケアのニュース]
「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業記念フォーラム「看護師が社会を変える」開催!

2月24日、医療従事者や多数マスコミ陣にご参集頂き、表記記念しフォーラムを開催しました。

 

開会にあたり、日本財団笹川陽平会長より、急激な高齢社会化の中、在宅医療のニーズがたかっている。特に看護師の役割が非常に重要であり、社会が望んでいる、その要請に応じて、起業を意図される方に、日本財団は全面的支援を行う用意があると、力強いお言葉をいただきました。弊財団の歴史を踏まえた会長紀伊国献三の挨拶の後、4名からお話いただきました。

 

東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授、元厚生労働次官辻 哲夫先生は、超高齢化社会への挑戦として地域包括ケアシステムの整備と並行しての訪問看護の重要性を説かれ、「最期まで自宅で暮らせる町」の実現を目指して千葉県柏市において展開中の地域医療モデル「柏プロジェクト」が紹介されました。看護職への期待として、「治す医療」から「支える医療」への展開、看護師の予防と24時間対応機能を強調された上、医師が在宅に向けて動き始めれば、訪問看護は正念場を迎えるとくくられました。訪問/在宅看護の先達である公益財団法人日本訪問看護財団理事長 清水 嘉与子先生と、在宅看護研究センターLLP 代表村松 静子先生は、それぞれ教育、行政、実践の立場のご経験を踏まえ、今後の課題を述べられました。最後に、東京財団研究員兼政策プロデューサー三原 岳氏は、患者すなわち個々の住民が自立して意思決定できることを支援することが、在宅医療における看護師の重要な役割と指摘されました。

2014年度本事業の応募受付は3月20日が締切となります。詳細はhttps://www.smhf.or.jp/news_hospice/3818/ をご覧下さい。多くの看護師の皆様のご応募をお待ちしております。

2014.2.27-1 日本財団笹川会長

2014.2.27-2 ディスカッション