[ホスピス緩和ケアのニュース]
「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業 第2期生 応募受付開始

募集締め切りとなりました。たくさんのご応募ありがとうございました。

「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業は、2015年度受講生として第2期生の応募受付を開始しました。
事業案内:https://www.smhf.or.jp/news_hospice/3818/
2015年度募集要項・申請書: https://system.smhf.or.jp/app/jp/?page_id=03
「日本財団在宅看護センター」とは、看護師を中心とした地域包括的な在宅医療を担う事業所です。地域の医療施設や地域包括センター等と連携し、地域住民の入退院や健康管理をはじめとするプライマリケアを提供することを目的としています。本事業ではその趣旨を理解し、「日本財団在宅看護センター」を起業・運営することができる看護師を養成します。

在宅.png
在宅②.png
詳細PDF:在宅2015チラシ.pdf
初年度第1期生17名は現在、今年6月からの講義・実習を順調に経て、それぞれの起業に向けて積極的に活動中です。年明けの1月にはいよいよ起業計画の発表を行う予定です。
在宅①png.png
在宅写真②.png

第1期生に続き、起業マインドにあふれる第2期生として、8ヶ月間の研修に挑む看護師の皆さんのご応募をお待ちしています。

以上