[ホスピス緩和ケアのニュース]
緩和ケア研修会の開催「地域啓発活動助成」

今年度の地域啓発活動助成で行われる活動のご紹介です。

山口県の長門総合病院で、地域の医療従事者他を対象とした緩和ケア研修会を行います。地域で高齢者を支えていくためには、医療・福祉の連携が不可欠です。研修を通して顔の見える関係作り、地域の力を高めることを目指しています。

 

活動者:松野多希子(長門総合病院)

開催日時:2015年9月8日(火) 14:00~15:30

会  場:長門総合病院 大会議室

参加対象者:医療従事者、市職員、民生委員、福祉員、自治会、介護支援専門員

研修内容:

①テーマ:「高齢者を地域で支えるために私たちに出来ること」

②講師:山口県長門健康福祉センター 所長 石丸泰隆 先生

    山口県社会福祉協議会 地域福祉部長 大倉隆雄 先生

    長門総合病院 名誉院長   藤井康宏 先生

 

問い合わせ先 :長門総合病院 地域医療福祉連携室

宮本 晴美・松野 多希子

電話:0837-22-2518   FAX:0837-22-2539