[在宅看護センターのニュース]
「日本在宅看護学会」でのポスター発表

11月22日に第5回日本在宅看護学会学術集会が聖路加国際大学で開催され、「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業の修了生である、石川徳子氏(一般社団法人 空と花 代表理事)、入澤亜希氏(一般社団法人 葵の空 代表理事)がポスター発表を行いました。

「『日本財団在宅看護センター』起業家育成事業受講生の受講決定の要因と受講後の意識調査」と題し、1期生17名の受講を決めた要因と受講後の意識の変化を明らかにしました。

研修参加を決意するに至るきっかけや苦悩、研修開始後の迷いや不安など、それぞれに多くの要因があり、受講決定後には、経営者としての不安を持ちながらも、受講者同志の影響など、実際の起業に向けての意識の変化が見受けられました。

 

ポスター詳細(PDF) ↓

「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業受講生の受講決定の要因と受講後の意識調査

 

すでに修了生の半数以上が開所しており、今後は、起業後の意識調査も視野に入れ研究を行う予定です。

 

IMG_0004

左:入澤亜希氏  右:石川徳子氏