[公衆衛生の向上のニュース]
放射線災害医療サマーセミナー2016 終了しました

8月22日から6日間にわたり、今年で3回目となる放射線災害医療サマーセミナーを、福島県立医科大学、長崎大学、当財団の共催という形で福島県内で行ないました。医学生、看護学生など16名が全国から参加しました。

最初の2日間は福島市内で講義・実習、3日目からは川内村に移動しての講義、福島第二原発の見学、浪江町/富岡町など被災地の見学、川内村の住民の方々との交流、と盛り沢山のプログラムとなりました。

川内村、東京電力、環境省など、関係者のみなさまのご支援、ご協力のもと無事終了できましたことを心より感謝いたします。

SummerSeminar2016_01SummerSeminar2016_02