[支援活動レポート]
[ウクライナ]チェルノブイリ医療協力事業

期間 1991~1996年度
対象地域 キエフ州、ジトミール州

塩とパンによる歓迎(コロステン)

1986年4月26日、ベラルーシ国境に近いウクライナのチェルノブイリ原子力発電所で大爆発事故が発生し、チェルノブイリ原発を中心としたウクライナ、ベラルーシ、そしてロシアの一部が大規模の放射能汚染を受けました。まだ情報公開も十分ではなく、住民は大人も子どもも事故の重大さを知らないまま、数日後のメーデーには戸外でパレードに参加していたと言われています。

当財団はウクライナではキエフ州とジトミール州を対象に児童検診を行いました。キエフ市とコロステン市(ジトミール州)の病院に検診センターを立ち上げ、5年間検診活動を続けました。キエフは歴史の古い大都市で病院も数多くありましたが、コロステンでは事故後、急きょアパートの1階部分を病院に改造したものでした。コロステンセンターはゼロからスタートした検診センターでしたが、現在でも院長以下スタッフの努力で支えられています。

5年間、各センター所在地でシンポジウムを開き、1993年にコロステンで、1996年にウクライナで開催しました。