[活動レポート ― ハンセン病]
フィリピン台風被害緊急復興支援 Part 1

フィリピン台風被害緊急復興支援へのご協力ありがとうございました。2013 年11月8日にフィリピンを襲った大型台風ハイエン。パラワン州北部のクリオン島の被害の報告を受け、当財団では同地への支援を決定しました。同時に財団のホームページなどを通して、広く寄付を呼びかけました。5月末日までという短期の募集期間にもかかわらず総額¥1,342,900のご寄付を頂戴しました。ご寄付は全額、復興支援のために活用させていただきます。ご賛同をいただいた皆さまの温かいご支援に改めて感謝申し上げます。クリオン島への支援の実施にあたっては、クリオン療養所所長兼総合病院院長のクナナン医師が、被害状況の確認や緊急状況評価、ニーズ判断を行い、昨年12月にはまず緊急支援(食料品や医薬品、燃料、家屋の応急処置的修繕資材等)を1,570 世帯に届けました。この3月には、中長期的復興計画への支援として、家屋や学校など建物の改修と台風によって生活の術を失った人々への経済自立支援を実施し、現在、現地では着々と工事が進められています。
クリオン修復工事中の学校