[活動レポート ― ハンセン病]
ネパール大地震緊急支援(ボートレースチャリティ基金から)

~ハンセン病患者・回復者とその家族たちへの支援~
2015 年4月25日にネパール東部でM7.4規模の大地震が起きました。この地震による死者は約8,800人、負傷者は2 万人以上です。
この地震直後にハンセン病回復者団体であるIDEA ネパールは被災地を巡回し、ハンセン病患者・回復者やその家族がこの地震により生活に困難を窮しているという状況を確認しました。彼/彼女らは、もともと差別のために、少人数でかたまって村や町から離れた非常に不便な場所で暮らしているために、地震直後に各地で被災者支援が始められていても支援は届いていなかったのです。よって、IDEAネパールは、彼/彼女らのために当財団へ緊急支援を要請してきました。この要請を受けて、当財団ではボートレースチャリティ基金からの緊急支援として被害の大きかった震源地近辺5 郡のハンセン病患者・回復者とその家族100 世帯に対して1世帯当たり約16,000 円の支援金供与を実施しました。
IDEAネパールは早速この支援金を届けに各地を回り、支援金を受け取った人々の感謝の気持ちを伝えてきてくれています。支援金供与は、復興期に入るまでの緊急支援で、家屋や家財等を失った人たちが当面必要な食糧や飲料水などを買うために使われています。

IDEAネパールを通じて支援金が供与さ れている様子

IDEAネパールを通じて支援金が供与さ れている様子