[活動レポート ― ハンセン病]
「ハンセン病の歴史ウェブサイト」 リニューアル

「ハンセン病の歴史を語る 人類遺産世界会議」の初日には、世界のハンセン病の歴史をまとめたウェブサイトのリニューアル公開をしました。ハンセン病に関する歴史的な場所の沿革から当事者のライフヒストリーまで網羅したこのウェブサイトは、研究者や専門家だけはなく、誰もが使える、使いやすくて魅力的なウェブサイトとして生まれ変わりました。ぜひ一度サイトを訪れてみてください!

サイトトップページ

サイトトップページ


ILAハンセン病の歴史ウェブサイト http://leprosyhistory.org/
新しくなったウェブサイト
急速に失われつつあるハンセン病の歴史を語り継ぐため、国際ハンセン病学会(International Leprosy Association:ILA)は、2000 年に、主に研究者の使用を想定した世界のハンセン病歴史プロジェクトウェブサイトを立ち上げました。データベースが主体の旧ウェブサイトの検索システムはすでに旧式のものとなりました。貴重な情報が集積されているにもかかわらず、旧ウェブサイトの利用頻度は低迷したままでした。そこで、当財団は、ILAと共同し、旧サイトの担当者の協力を得て、ウェブサイトを一新しました。
情報を検索するには検索システム
データベースは、アーカイブ、医師や研究者・当事者などの人物、タイムラインの3 種のデータから構成され、それぞれ、国やキーワード、年代などから検索することができます。新データベースには、旧サイトのデータベースをもとに、新たな情報を追加しましたが、これからも各地から寄せられた新たなデータを随時追加していきます。
アーカイブ検索

アーカイブ検索


世界地図で見る歴史的な場所
トップページの中段の世界地図には、データベースに記録のあるハンセン病にゆかりのある場所が示されています。地図上の場所をクリックすると、それぞれの場所の情報ページに入ります。地図はGoogle Mapsにつながっており、現在の当地の様子も見ることができます。また、それぞれの場所はデータベースにリンクされており、データベース内の情報を閲覧することができるとともに、関連年表データ、国別のハンセン病の歴史にもアクセスできます。
地域の歴史の概要
各地の歴史は、コミュニティ、国、国を超えた地域の大きな歴史の流れの影響を受けています。新ウェブサイトには、各地の情報だけではなく、国、そして国を超えた地域のハンセン病の歴史の概要を加えました。ここには当時の写真も多く掲載されており、往時の様子を見ることもできます。また、ハンセン病当事者が語るライフヒストリーや、データベースに記録のある資料館の史料についての解説や、ハンセン病が法律や文化に与えた影響や、医療史におけるハンセン病、最近の歴史保存の活動などのニュースなどは、それぞれコラムを設け、随時掲載される予定です。生まれ変わったハンセン病の歴史ウェブサイト、ぜひご活用ください。
ハンセン病とその影響についてのエッセイ集

ハンセン病とその影響についてのエッセイ集