[活動レポート ― ハンセン病]
ネパールの貧しい村での栄養教育を支援しました

ネパールは2009年に国レベルではハンセン病の制圧は達成しているものの、いまだに毎年3000人強の新規患者が出ています。(世界で6番目に多い)特にネパール南部のインドとの国境地帯の多くは郡レベルでは制圧が達成されていません。免疫力はハンセン病の発症に関わる要因の一つですが、その免疫力は、人々の栄養状態に大きく左右されます。そのため、ネパール国内のハンセン病基幹病院の1つであるNLTラルガーハンセン病病院&サービスセンター(注1)から、ハンセン病蔓延地の中でも特に栄養状態が低いとされる2地域においてハンセン病の発症と拡がりを抑えるために、栄養教育プログラムを実施したいとの要請があり、当財団は、2017年8月から2018年7月の期間でこのNLTを通して支援を実施いたしました。

各家庭で野菜が栽培されるようになりました

ラジコール村でのセミナーの様子      

対象地は、Dalits(ダリッツ)と呼ばれるカースト制度の最下層民が総人口の90%を占めるネパールマホトリ郡のRajkhor(ラジコール)村とサラヒ郡のKhoriya(コリヤ)村で、生まれながらに土地をもつことが許されず、多くの人が季節労働により収入を得ているような貧しい生活を送っている地域です。この地域は各家庭にトイレも殆どなく衛生状態は劣悪な状況でした。また、女性の地位は低く、若年での婚姻・出産が多く、それが低栄養児の出産の主な原因となっており、今回の栄養教育プログラムを実施する前は、この地域では5歳以下の子どもの58%が低栄養状態でした。

低栄養児には栄養補給のオートミールが配給されました

低栄養児には栄養補給のオートミールが配給されました

そこで、①妊婦、母親、子供が健康を保つために栄養の重要性を認識させること、②妊婦と母親に保健所で産前産後ケアを受けるように教育すること、③栄養・衛生教育グループを設立して家庭菜園やトイレを各家庭に設置するように推奨すること、を目的に本事業は実施されました。その結果、2村で合計18回の栄養・保健教育セミナー(幼児の栄養・妊婦の栄養・適切な調理・適切な食品保存・衛生・定期的駆虫・予防接種・家族計画、家庭菜園)が実施され、130名が受講しました。また、11の家庭菜園支援、低栄養7人の子供支援、90家族への衛生キットの配布、2つの共同給水所(手漕ぎ井戸)の補修、83の簡易トイレ設置支援も同時に行われました。

子どもがいる家庭には衛生キットが配給されました

衛生キットの中身(石鹸、歯ブラシセット、爪切り、耳かき、舌汚れクリーナー)

この栄養プログラムのおかげで、多くの母親たちが栄養や健康に関してめざましく意識が高まり、二つの村の全ての妊婦が産前産後ケアを受けるようになりました。また、全ての子供たちが学校で予防接種を確実に受けられるようになりました。そして、母親からその子供たちまで将来的にも適切な栄養と衛生状態を保ち健康を維持することが可能となりました。

栄養教育を受けた母親から生まれた赤ちゃんたち

栄養教育を受けた母親から生まれた赤ちゃんたち

注1:NLTは1972年に設立され、ネパール中部カトマンズ及びジャナクプール県の4郡(Dhanusha, Mahottari, Sarlahi, Sinduli,)において政府との合意の下でハンセン病対策活動への協力を行うと共に、回復者の社会的経済的自立を促進する活動を行っています。特にジャナクプール県では、ラルガーハンセン病サービスセンター(Lalgadh Leprosy Service Center: LLSC)を1992年に開設しました(現在名は、ラルガーハンセン病病院&サービスセンターLalgadh Leprosy Hospital and Services Centre)。同地域は、インド国境(ビハール州)に隣接する南東タライ地域に位置し、インド人の流入の影響も受けて未だネパールで最も新患率の高い地域の一つで、当該病院・サービスセンターは同地域のハンセン病制圧活動やハンセン病回復者支援に主要な役割を果たすと共に、地域の保健医療を支える総合病院としても重要な役割を果たしています。