[活動レポート ― 公衆衛生の向上]
WHO笹川健康賞2016

5月27日、ジュネーブの国連欧州本部で開催された第69回WHO世界保健総会にて、世界の公衆衛生向上に寄与した個人/団体を顕彰するWHO笹川健康賞の表彰式が行われました。32回目の受賞者はスペインの国際NGO「Federation of Medicus Mundi Spain」でした。

同団体は1963年に設立され、「Health for all」をスローガンに、中南米での活動を繰り広げる国際医療協力ネットワーク「Medicus Mundi International」のメンバーです。今回の受賞は、エルサルバドル、グアテマラ、ペルー、ボリビアでの20年以上にわたる活動が評価されてのもので、これらの国々の医療アクセス困難な農村部や先住民コミュニティで、性別、年齢、習慣などの違いを超えて、すべての人々が等しく健康な生活を確保できることを目指し、現地の行政や医療従事者を巻き込み、さらに各地の独自性をも尊重しつつ、コミュニティの融合を図り、それぞれの地域で機能する公衆衛生システムを再編しました。

授賞式では、日本財団笹川陽平会長より、「Medicus Mundi Spainはこの賞金で、4カ国の公衆衛生システムにおける本事業の効果を科学的に調査することを予定しています。また、他地域への応用の可能性なども検証するそうです。私たちは、この活動がプライマリ・ヘルスケアの向上にさらに貢献することを期待しています。今日、私たちは持続可能な開発目標の一つである『すべての人に健康と福祉を』に向かって活動をしています。本日お集まりの皆さま、Medicus Mundi Spainと共に、この目標の達成に向け、引き続き尽力していこうではありませんか」と力強いメッセージが送られました。

DSC_5764

授賞式前の会場にて。(右から、日本財団笹川会長、Medicus Mundi Spain President Dr Eduardo Garcia Langarica、同 Vice President Mr. Carlos Mediano、当財団理事長喜多、 日本財団 田南常務)