[活動レポート ― 公衆衛生の向上]
マダガスカルにおける日本人医療チームによる活動

2016年2月3日~23日まで、学校法人昭和大学の医療チーム(医師7名、看護師3名、事務局2名、学生4名)が子どもを中心とした口唇口蓋裂治療のため現地で活動を実施しました。

アンチラベ市のクリニックアベマリア病院には日本人シスターが勤務しており、今回は20名の手術が行われました。昨年度より同大学医学部大学院に留学中のマダガスカル人医師がチームに参加し手術を実施し、術後の回復も良好という報告を受けています。

支援者のお蔭で手術は「無料」、術後の傷跡も目立たないという口コミが広まり、遠方から、また子ども以外に成人の患者さんの受診も年々増えています。
さらに口唇口蓋裂の患者さんの他に、別の病院で治療を断られた患者さんも評判を聞きつけ受診されています。限られた時間、環境下のため手術や治療が行えない場合でも、日本人医師による診断だけでも受けたいと、患者さんとその家族が受診されるケースも多くなっています。

当初11月に現地活動を予定していましたが、直前にフライトキャンセルがあり、2月に延期となりました。フライトもパリ経由に変更、テロ事件から間もないパリで1泊、安全性を最優先し空港ターミナル直結のホテルに滞在となりました。フライトがパリ経由になった時点で、荷物の個数を減らし、1種類の医療器材も複数の荷物に納め途中で紛失した場合でも対処できるようにしたそうです。
また重要な器材はスタッフ個人の荷物に分散し持ち込み、器材用トランクも別に準備しました。
往路、パリ空港で大学事務担当のスーツケースが紛失、翌日の出発までに見つからず、利用航空会社の手配で1週間後に空路、陸路を経てアベマリア病院に到着しました。よく届いたとチーム一同で感心したそうです!

手術を受けた子どもたちと家族に見送られて

手術を受けた子どもたちと家族に見送られて