[活動レポート ― 在宅看護センター]
起業家育成事業修了式

「日本財団在宅看護センター」の起業・運営を目指す看護師の育成事業は、1月29日に第1期生の修了式を行いました。
厚生労働省、日本看護協会、訪問看護財団からの来賓、本研修の講義を担ってくださった講師、加えて多くのメディア取材も入り、少しばかり緊張に包まれた式となりました。8ヶ月間の研修を修了した17名は、日本財団笹川陽平会長から手渡された修了証を胸に、同志との別れを惜しみながらも、起業家らしく凛とした面持ちで巣立っていきました。
今後は起業に向けて、それぞれの地元での活動が本格始動します。この春には、第1号となる日本財団在宅看護センターが横浜にオープンします。以降、続々と第一期生による本センターが開業予定です。
第二期生の応募締切日を3月15日まで延長しています。起業家を目指す看護師の方、ぜひご応募ください。

https://www.smhf.or.jp/news_hospice/3818/

理事長ブログもぜひ、あわせてご覧ください。
無題.png