[活動レポート ― 在宅看護センター]
「日本財団在宅看護センター」起業家育成事業2期生の講義がスタートしました

日本財団在宅看護センター起業家育成事業、2期生の講義がいよいよ始まりました。

初日の午前は、在宅看護を語る上ではずすことのできない、地域包括ケアシステムの第一人者である辻哲夫先生(東京大学高齢社会総合研究機構特任教授)より、「超高齢社会の到来と医療介護政策の展望」についての講義を受けました。これからむかえる超少子高齢社会における在宅医療・訪問看護の必然性や多職種連携の進め方などについて、幅広い知見から講話いただき、本研修講義の初回を飾りました。

午後は本事業1期生ですでに、「日本財団在宅看護センター横浜」http://zaitakukango.net/

を開業している山本志乃さん

 http://www.nippon-foundation.or.jp/what/spotlight/home_nursing/story1/

より、受講前後に経験した様々な悩みや、開業してからの雇用に関する課題等について、お話いただきました。最後には受講生全員から、沢山の具体的な質問が飛び交いました。

これからも業界の最前線を走る、ナンバーワン講師によるホットな前期講義が2か月間続きます。

IMG_0001 IMG_0012