[活動レポート ― 在宅看護センター]
日本財団在宅看護センター「葵の空」開所しました!

去る7月18日、日本財団在宅看護センター起業家育成事業1期修了生の入澤 亜希さんが、東京都豊島区要町に在宅看護センター「葵の空」を開所しました。

豊島区は全国的にも在宅医療先進地区で、行政のバックアップも手厚く、在宅医療に積極的な病院が多数あります。入澤さんは緩和ケア認定看護師として、長く緩和ケアに携わってきました。本研修を受ける前は訪問看護経験はありませんでしたが、修了後にも、開業の準備をしながら、積極的に訪問看護ステーションで研修を積み上げました。そして同じ緩和ケア認定看護師の素晴らしい仲間に恵まれ、地域のサポートも得ながら、この度晴れて開所となりました。

「願いを叶える」がコンセプト、安心して穏やかな生活が送れるよう看護していきます。

在宅看護センター「葵の空」の今後の活躍にご期待ください!

理事長の喜多(左)と入澤さん

理事長の喜多(左)と入澤さん

事業所概要:

一般社団法人葵の空 訪問看護ステーション

【所在地】〒171-0043 東京都豊島区要町2-12-9 ツカサビル102

【電話】03-6905-9582

【事業内容】在宅移行支援・医師の指示による医療処置・健康状態の観察・療養上の相談や支援・エンドオブライフケア・家族支援

【ホームページ】http://hp.kaipoke.biz/yky/index.html