[支援している国々]
東ティモール


ハンセン病状況
活動開始年 2003年
登録患者数
(2017年度末)
128人
新規診断患者数
(2017年1年間)
106人
制圧達成年 未制圧(2009年9月現在)
財団支援内容 ハンセン病制圧活動
薬品・機材供与

東ティモール民主共和国での活動

笹川記念保健協力財団では、2003年度からハンセン病対策を支援しています。2003年度と2004年度は寄生虫症対策活動を支援しましたが、これらの活動は別々のプログラムではなく、県の保健サービスシステムのもとに統合されて実施されました。

ハンセン病対策活動

東ティモールは2008年の時点で、患者数が人口1万人あたり1.23人であり、ハンセン病制圧を達成していない国のひとつです。早期の制圧達成を目指し、政府と国際社会が一体となって対策に取り組んでいます。

支援活動レポート

[東ティモール]全国ハンセン病制圧プログラムの強化

 

寄生虫症対策活動

財団支援内容 寄生虫症対策プログラム
専門家派遣
薬品・機材供与

当財団は2003年から東ティモールの寄生虫症対策への協力を、フィールド活動のサポート(WHO南東アジア地域事務局を通じて)、日本からの専門家の派遣(技術協力)、検査用機材の供与の形で実施しました。

支援活動レポート

[東ティモール]寄生虫症対策コントロールプログラム